新わかりやすいJava 入門編  第2版は11月5日から書店で購入できます (目次と概要はこちら

 本書は、これからJavaプログラマを目指そうとする人たちのための教科書です。この1冊で、基本文法からオブジェクト指向までをマスターできます。また、本書はJavaプログラマー認定試験であるOCJP(Oracle Certified Java Programmer)Bronzeの試験範囲に完全対応しています。

<紹介・目次>を見る

<初版1刷の正誤表 最終更新:2018.05.02 > <初版2刷の正誤表 最終更新:2018.05.02 >

「読者になる」は、このサポートウェブに解説記事が追加された時や、本に誤記が見つかった時に、メールでお知らせするサービスです。 ぜひ、ご登録をお願いします。

練習・通過テストの解答

開発ツール (Windows & MacOS)

Eclipse(Windows用 64ビット版、例題付き)

  • ①スタンダード:Eclips本家サイト(Eclipse.org)で配布しているJava開発者向けパッケージの日本語版
  • ②設定不要:JDKとワークスペースを内蔵しているので、ダウンロードして展開するだけで起動できる
  • ③軽量設計:初学者に不要なプラグインを含まない

書籍6-8ページの手順で展開してください(9-15ページは不要
eclipse.exeを実行すると[Eclipseランチャー]が表示されるので、そのまま起動ボタンを押して起動します


従来のように、自分でワークスペースを指定する方法も使えます

書籍9-15ページの手順で、従来と同じように設定してください。
ただ、新しいEclipseでは、設定ファイルをインポートすると次のようなダイアログが表示されます。
ダイアログでは[再開]を選んでください。設定ファイルの内容を確実に有効化するため、Eclipseが再起動されます。

プロジェクトを作成した直後に表示されるダイアログについて

新しいEclipseでは、Javaプロジェクトを新規作成すると、次のようなダイアログが表示されます。 ダイアログでは[作成しない]を選んでください。

 

Eclipse(MacOS用 64ビット版)

  • ①スタンダード:Eclips本家サイト(Eclipse.org)で配布しているJava開発者向けパッケージの日本語版
  • ②設定不要:JDKとワークスペースを内蔵しているので、ダウンロードして展開するだけで起動できる
  • ③軽量設計:初学者に不要なプラグインを含まない

・普通のアプリケーションと同じように、ダブルクリックして展開したらApplicationsフォルダにドラッグしてください。
・ただし、Appストア以外からダウンロードしたので、これだけでは実行できません。
 実行可能にするには、ターミナルで次のコマンドを実行してください。
 xattr -c /Applications/Eclipse.app


・eclipse.exeを実行すると[Eclipseランチャー]が表示されるので、そのまま起動ボタンを押して起動します



【注意】
最近、Google chrome ブラウザでファイルをダウンロードすると下記のような警告が出る場合があります。 これは、Googleの統計でダウンロードが少ない(一般的でない)と判定した時に自動的に出る警告です。 当サイトで配布するファイルは、有害なファイルではありませんので、下記の手順でダウンロードしてください。