わかりやすいJavaEE ウェブシステム入門

 本書はJava言語の入門コースを終えたばかりの人たちが、次のゴールとして、Java標準のウェブアプリケーション開発技術を習得するための書籍です。新しくなったJava言語は、ウェブシステム開発に必要なすべての技術を「Java標準」として内蔵しています。本書は、このJava標準に従った技術を、入門者のために、わかりやすく解説します。

<紹介・目次>を見る

[ブログ]わかりやすいJavaEEの裏話

正誤表 <第1刷用> <第2刷用> <第3刷用>更新しました!

「読者になる」は、このサポートウェブに解説記事が追加された時や、本に誤記が見つかった時に、メールでお知らせするサービスです。 ぜひ、ご登録をお願いします。

重要なお知らせ

NetBeansとGlassFishのバージョンに注意してください。

・2016年11月現在のお知らせです<11.4追記>。GlassFish4.1+NetBeans8.02 を使いましょう!

・NetBeans 8.1 はGlassFishサーバー上にデータソースを生成できないというバグがあります。8.2も同じです。<2016.11.4追記>

・GlassFish4.1.1 は、サーバーコンソールでデータソースを生成できません。生成しようとすると内部エラーを起こします。

第3刷では、NetBeansとGlassFishのインストール方法を変更しました

・第1章の改訂版をダウンロードしてご覧ください。

ビデオ教材「GlassFishのインストールとログイン設定まで」を公開しました。

・データベースの学習の前に見ておくことをお勧めします。

書籍に関する質問と回答の掲示版ができました。

Q&A「わかりやすいJavaEE」

注意すべき点がいくつかありましたのでまとめてお知らせします。

・Windowsで日本語ユーザー名を使っていると、プロジェクトをデプロイできないことがある

GlassFishが日本語のフォルダ名に対応していないことが原因だと思われます。 最初の例題(sample01プロジェクト)からデプロイできない場合の原因はこれです。 ログインIDには日本語を使わず、半角英数字のユーザー名でログインしてください。

・3章でJava.policyファイルを書き換えようとするとエラーになり書き換えられない

Java.policyの書き変え権限のないユーザーでWindowsにログインしています。 NetBeansを起動する際、起動アイコンを右ボタンでクリックし、「管理者として実行する」を選んでください。

・データベースを扱うプロジェクトをデプロイできない

データソース名は jdbc/mydb になっていますか? 区切り文字はスラッシュで、バックスラッシュではありません。また、jdbc:mydb のように":"も使うことはできません。

間違いなければ、以下の手順を確実に実行しているか、もう一度確認してやり直してみましょう。

  1. glassfish-web.xmlの作成(P.15)
  2. java.policyファイルの作成(P.93)<区切り文字はバックスラッシュではありません。/です。
  3. データベースmydbの作成(P.96)< ユーザー名だけでなく、パスワードもappとすることをお勧めします。
  4. エンティティの作成とデータベース接続情報の作成(P.389~)

以上で解決が付かない場合、NetBeansとGlassFishの再インストールで解決することがあります。
具体的な方法をドキュメントにまとめましたので、ご覧ください。

18章の例題システムのデモ

18章で作成するショッピングサイト「雑貨屋さん.com」のデモです。
複雑なデータテーブル、データベースからの画像表示、 JPAによるページ単位の処理、ログイン処理(ID, PWは18章を参照)など、 ショッピングサイトの基本的な要素を盛り込んだ例題システムを、実際に操作してみることができます。

関連記事

練習問題の解答

教材ダウンロード

【注意】
最近、Google chrome ブラウザでファイルをダウンロードすると下記のような警告が出る場合があります。 これは、Googleの統計でダウンロードが少ない(一般的でない)と判定した時に自動的に出る警告です。 当サイトで配布するファイルは、有害なファイルではありませんので、下記の手順でダウンロードしてください。

開発ツール

ref.zip 本書で使用した開発ツール一式

本書で例題等を作成するのに使用した開発ツール(JDK1.8 u25、NetBeans8.01、GlassFish4.1)です。
GlassFishはダウンロード後、解凍して適当な場所に置いてください。NetBeansから使えるようにするには、 本書の6ページの記載で⑦以降を次のようにしてください。

  • ⑦[参照]ボタンを押してGlassFishを解凍したフォルダを指定する
  • ⑧「GlassFish Server 4.1のインストールを検出しました。・・・」と表示されるので[次>]を押す
  • ⑨[終了]を押す

net.tkxtools.zip 13章で使用したメール送信ユーティリティ

関連リンク