正誤表 (2刷用 2016.9.3更新)

1章 P.17
本文

○最後の行の枠囲いの中

<誤>http://localhost:8080/sample/faces/index.html

<正>http://localhost:8080/sample01/faces/index.html

5章 P.148
例題8

例題の6行目 一重引用符を閉じる

<誤>'myform:br 

<正>'myform:br'

5章 P.149
本文

12行目 ピリオドをコロンに訂正

<誤>myform.br

<正>myform:br

7章 P.209
CSSの内容

○下から3行目

<誤>width: 200px: /* 横幅を300に */

<正>width: 200px: /* 横幅を200に */

7章 P.214
CSS

上段にあるCSSのコメントを訂正

<誤>width: 50px;   /* 横幅を20pxに */

<正>width: 50px;   /* 横幅を50pxに */

7章 P.214
CSS

上段にあるCSSのコメントを訂正

<誤>font-family: メイリオ ,Osaka;   /* 中央揃え */

<正>font-family: メイリオ ,Osaka;   /* フォントの指定 */

9章 P.271
本文に挿入

○excute属性の解説に赤字部分を追加する

 execute属性は、サーバーに送信するデータを指定します。@thisは、「f:ajaxが書かれているタグだけを送信する」という意味です。つまり、h:inputTextareaタグのデータだけを送信します。なお、execute属性は@thisが既定値なので、@thisを指定する場合は省略できます。また、@thisのようなシンボルの代わりに、コンポーネントのIDでも指定できます。複数個のIDを指定する時は、スベースで区切って並べます。

10章 P.292
本文の表

○表のプロパティファイル名

<誤>

<正>

13章 P.358
本文の表

○分を秒に訂正

<誤>

<正>

15章 P.417
表と本文

○赤で消した部分を削除する

16章 P.425
本文

○下から6行目、cを大文字にする

<誤>指定したテーブルのカラムを使うかは、使う時に@columnで指定します

<正>指定したテーブルのカラムを使うかは、使う時に@Columnで指定します

18章 P.530
本文

上から3行目を訂正

【旧】・Class Name: com.sun.enterprise.security.ee .auth.realm.jdbc.JDBCRealm

【新】・Class Name: com.sun.enterprise.security.auth.realm.jdbc.JDBCRealm

18章 P.530

⑤の図を訂正

【旧】

【新】

18章 P.530

下から2行目の値欄

<誤>HEX

<正>Hex

18章 P.531

⑦の図のClass Nameの部分を訂正

【旧】

【新】

18章 P.533
本文

下段の⑤の内容を訂正

<誤>[説明]=利用者

<正>[説明]=顧客/

18章 P.535

セキュリティ制約の図の制約名

【誤】

【正】